休診日:水曜・日曜・祝日
東京都目黒区鷹番3-19-15
鷹番カサリンダ101
03-3710-8204
ひろせ治療院(学芸大学の鍼灸院)〜痛くなくて楽になる/女性のための鍼灸院〜
院長 佐藤美恵子 近影
院長 佐藤美恵子
症状別治療例〜目黒区の鍼灸院/ひろせ治療院〜

婦人科:生理痛

生理痛の場合、腰部や仙骨部に凝りがある場合やストレスなどで骨盤内の血流が悪くなり、多くは下腹部に痛みを感じます。 治療は腰・仙骨(骨盤の中央にある背骨の付け根)・お尻などの緊張を、“鍼や温灸”で緩めることにより血流を良くして痛みを改善しつつ、全身治療により自律神経の調整を行うことでストレスも和らげていきます。 使用する鍼は直径 0.16ミリの細い鍼で痛みは感じません。

神経系:坐腰神経痛

筋肉疲労が重なったり腰椎間に問題がある場合などに坐骨神経が圧迫されて、お尻から下肢にかけて痛みや痺れ、重い場合は歩行困難などの症状がでてきます。
治療は反応のある腰椎間や坐骨神経が出てくるお尻の筋肉が弱くなっているところに、“温灸や透熱灸”をすることで痛みや痺れが改善されていきます。
症状が軽い場合には、治療直後に変化を確認できます。20年など長く患っている場合は、徐々に改善されていきます。

運動器系:五十肩

加齢や使い過ぎにより、手が上がらない・後ろに行かないなどの症状が現れます。症状が重くなると、夜寝ていても肩から腕が痛いなどの症状があらわれます。
治療は“温灸”で「頸(くび)・肩」をはじめ全身治療により緊張をゆるめます。 その後に腕の弱くなっているポイント(反応点)にお灸をすることで痛みや腕の動きを改善していきます。
この場合、治療直後に変化をご確認いただけます。お灸は一瞬チクっとしますが、とても効果があります。

消化器系:胃の不調

不規則な食生活やストレスが原因で、胃もたれ・胃がムカムカするなどの症状があります。この場合、自覚症状として背中が重く感じることもあります。 治療は“温灸や鍼”で全身治療を施しながら自律神経の調整・内臓調整を行い、さらに背部や上下肢、腹部などの反応点に鍼やお灸をすることで症状を改善し、ストレスも和らげていきます。

呼吸器系:風邪

風邪は疲労などで体力が低下している時にウイルスにより、初期の多くは鼻・喉などに症状があらわれます。 治療は“温灸・鍼”で全身治療を行い自然治癒力を高めて、鼻・喉は“鍼”で頭部や頸肩の凝りをゆるめることで楽になります。 特に風邪の初期に治療を受けると、重い症状にならずに済み早く治ります。

小児科:夜尿症

6〜7歳になっても夜尿が続く場合、虚弱体質で膀胱・腎臓の未発達ストレスによる自律神経系の問題や水分の摂り方などが原因と言われています。 治療は頭から足を診て、コリは“手技”でゆるめ、背部や足の気の不足しているところには“手当て”、または“刺さない鍼”で気の補充をします。それにより自律神経系の調整を行い、さらに腎経をしっかりさせていきます。

その他:足がつる

若い方にもみられる症状で、筋肉疲労や冷え・腰に問題があることにより、ふくらはぎ(こむら返り)や下腿の外側・足の指などが急につって痛くて動かせないなどの症状があります。 治療は“温灸・鍼”で全身治療を施し血流を良くしていき、腰も“鍼やお灸”で下肢への血流をうながし、症状を改善していきます。
白い花の写真
木漏れ日の葉の写真
水芭蕉の写真